February52013
December262012
masrao-post:

広告もビックリの伸長法 1日で7cmてwww 
大相撲初場所(来年1月13日初日・両国国技館)の新弟子検査が26日、東京・両国国技館で行われ“奇跡”の通過者が出た。伊藤爆羅騎(ばらき、 18)=式秀=は25日まで身長160センチだったが、1日で7センチ伸び合格基準ギリギリの167センチでパス。マフィアを題材とした映画が由来の名前 をしこ名にする予定で、異色の小兵が誕生する。受検した16人全員が体格基準(167センチ、67キロ以上)を通過。合否は内臓検査を経て初場所初日に発 表される。
 土俵際からの大逆転劇だ。身長計に立った伊藤は、小さな体を力いっぱい伸ばした。髪を大きく立て、かかとは心なしか浮いているようにも見える。判 定はどっちだ? 熱視線が送られる中、検査の親方が沈黙を破る。「167センチ」。なんと、わずか1日で7センチのアップに成功。1日遅れのクリスマスプ レゼントに「不合格を覚悟していたので奇跡です」と喜びを爆発させた。
 “秘策”が実った。丸刈りだった髪を10月から伸ばし、ライオンのたてがみのようにした。来年1月4日付で式秀部屋を継承し師匠となる小野川親方 (元幕内・北桜)は「体のバランスが戻り1回で3センチ伸びる」という独自のストレッチ法で新弟子“1号”を支えた。とどめは、寝る子は育つ作戦。前夜は 13時間の睡眠。この日も部屋のある茨城・龍ケ崎市から国技館までの道のり、そして検査の直前まで車中で横たわり、重力で身長が縮むことを避けた。
 個性的な名前にも注目が集まる。父・雅浩さんがマフィアの世界を題材とした伊仏合作映画「バラキ」が好きだったことで命名。映画は全部見たことないが「強くなってほしいとの意味が込められているので、気に入っている」と胸を張る。
 小野川親方は「部屋も茨城にある。電車の中で『茨城 元気』とのキャッチフレーズを見たことがあり、いいなと思った」との理由でしこ名を爆羅騎に決め、下の名前は「元気」か「源氣」を予定している。「爆羅騎」なら、現役で最も字画数の多いしこ名となる。
 実力も今年の高校総体32強、国体16強と折り紙付き。「大きな人たちに負けないよう気持ちで頑張る」。得意の押し相撲で出世街道を爆走する。
 ◆亜大野球部員・森宗も検査パス 新弟子検査は亜大野球部投手(4年)で藤島部屋の森宗順平(22)も受検。 177センチ、91キロで体格検査をパスした。広島・広陵高の投手として07年に夏の甲子園で準優勝。亜大の生田勉監督から勧められて角界入りした。大学 の同僚で、今秋ドラフトでソフトバンクに1位指名された東浜巨投手(22)からは「頑張れよ」と励まされた。「分からないことばかりだけど、頑張りたい」と精進を誓った。
 ◆兄・北ハリ磨に刺激受けた嶋田、22歳で入門 北の湖部屋の嶋田哲也(22)は「健康運動実践指導者」の資 格を持ち、インストラクターとして都内のジムに3年8か月勤務した。十両経験のある幕下・北ハリ磨(26)=北の湖=の弟で、兄の活躍に刺激を受け入門。 体格検査は168センチ、91キロでパスした。兄が再十両に昇進したら付け人になるかの問いに「顔じゃないので」と謙虚に断った。
 ◆新弟子検査の珍しい合格 身長を伸ばすため髪を立てる、たんこぶを作る、体重を増やすため水を飲む例は多 数。有名なのは舞の海で90年、身長が足りず頭にシリコンを入れて合格。94年に原田山(湊、引退)が同様の手術を受けて合格したため、同年7月に協会か ら師匠への通達として「異物の注入、かかとに細工をする、おもりをつける」などの不正が禁じられた。ただ、ぎりぎりで基準を満たさない者を温情で合格させ るのは珍しくなく、つけ毛がばれたが、検査を通過した例もある。
 ◆伊藤 爆羅騎(いとう・ばらき) 1994年5月10日、埼玉・所沢市生まれ。18歳。福岡・希望が丘高3年。小3で相撲を始める。人気漫画「北斗の拳」の「ラオウ」から命名された兄の伊藤羅王は、立浪部屋所属の三段目・羅王丸。167センチ、104キロ。家族は両親と兄。

masrao-post:

広告もビックリの伸長法
1日で7cmてwww


大相撲初場所(来年1月13日初日・両国国技館)の新弟子検査が26日、東京・両国国技館で行われ“奇跡”の通過者が出た。伊藤爆羅騎(ばらき、 18)=式秀=は25日まで身長160センチだったが、1日で7センチ伸び合格基準ギリギリの167センチでパス。マフィアを題材とした映画が由来の名前 をしこ名にする予定で、異色の小兵が誕生する。受検した16人全員が体格基準(167センチ、67キロ以上)を通過。合否は内臓検査を経て初場所初日に発 表される。

 土俵際からの大逆転劇だ。身長計に立った伊藤は、小さな体を力いっぱい伸ばした。髪を大きく立て、かかとは心なしか浮いているようにも見える。判 定はどっちだ? 熱視線が送られる中、検査の親方が沈黙を破る。「167センチ」。なんと、わずか1日で7センチのアップに成功。1日遅れのクリスマスプ レゼントに「不合格を覚悟していたので奇跡です」と喜びを爆発させた。

 “秘策”が実った。丸刈りだった髪を10月から伸ばし、ライオンのたてがみのようにした。来年1月4日付で式秀部屋を継承し師匠となる小野川親方 (元幕内・北桜)は「体のバランスが戻り1回で3センチ伸びる」という独自のストレッチ法で新弟子“1号”を支えた。とどめは、寝る子は育つ作戦。前夜は 13時間の睡眠。この日も部屋のある茨城・龍ケ崎市から国技館までの道のり、そして検査の直前まで車中で横たわり、重力で身長が縮むことを避けた。

 個性的な名前にも注目が集まる。父・雅浩さんがマフィアの世界を題材とした伊仏合作映画「バラキ」が好きだったことで命名。映画は全部見たことないが「強くなってほしいとの意味が込められているので、気に入っている」と胸を張る。

 小野川親方は「部屋も茨城にある。電車の中で『茨城 元気』とのキャッチフレーズを見たことがあり、いいなと思った」との理由でしこ名を爆羅騎に決め、下の名前は「元気」か「源氣」を予定している。「爆羅騎」なら、現役で最も字画数の多いしこ名となる。

 実力も今年の高校総体32強、国体16強と折り紙付き。「大きな人たちに負けないよう気持ちで頑張る」。得意の押し相撲で出世街道を爆走する。

 ◆亜大野球部員・森宗も検査パス 新弟子検査は亜大野球部投手(4年)で藤島部屋の森宗順平(22)も受検。 177センチ、91キロで体格検査をパスした。広島・広陵高の投手として07年に夏の甲子園で準優勝。亜大の生田勉監督から勧められて角界入りした。大学 の同僚で、今秋ドラフトでソフトバンクに1位指名された東浜巨投手(22)からは「頑張れよ」と励まされた。「分からないことばかりだけど、頑張りたい」と精進を誓った。

 ◆兄・北ハリ磨に刺激受けた嶋田、22歳で入門 北の湖部屋の嶋田哲也(22)は「健康運動実践指導者」の資 格を持ち、インストラクターとして都内のジムに3年8か月勤務した。十両経験のある幕下・北ハリ磨(26)=北の湖=の弟で、兄の活躍に刺激を受け入門。 体格検査は168センチ、91キロでパスした。兄が再十両に昇進したら付け人になるかの問いに「顔じゃないので」と謙虚に断った。

 ◆新弟子検査の珍しい合格 身長を伸ばすため髪を立てる、たんこぶを作る、体重を増やすため水を飲む例は多 数。有名なのは舞の海で90年、身長が足りず頭にシリコンを入れて合格。94年に原田山(湊、引退)が同様の手術を受けて合格したため、同年7月に協会か ら師匠への通達として「異物の注入、かかとに細工をする、おもりをつける」などの不正が禁じられた。ただ、ぎりぎりで基準を満たさない者を温情で合格させ るのは珍しくなく、つけ毛がばれたが、検査を通過した例もある。

 ◆伊藤 爆羅騎(いとう・ばらき) 1994年5月10日、埼玉・所沢市生まれ。18歳。福岡・希望が丘高3年。小3で相撲を始める。人気漫画「北斗の拳」の「ラオウ」から命名された兄の伊藤羅王は、立浪部屋所属の三段目・羅王丸。167センチ、104キロ。家族は両親と兄。

November272012
November72012
spookyballoons:

dpaf:

embarrassed chinchilla [video]

more like tsun chinchilla

spookyballoons:

dpaf:

embarrassed chinchilla [video]

more like tsun chinchilla

(via sassygayahri)

August172012
masrao-post:

Nothing is as great as maternal love“please follow me,if you like this blog”

masrao-post:

Nothing is as great as maternal love

“please follow me,if you like this blog”

August62012

「何かお探しですか」。接客の基本は、声がけから始まるコミュニケーション…。そんな常識が崩れつつある? 丁寧なカウンセリングが最大のサービスである百貨店の化粧品売り場で、あえて「声をかけない接客」が導入され話題を呼んでいる。東急百貨店が4月にオープンした「渋谷ヒカリエ ShinQs(シンクス)」の売り場は、まるで新接客法の“実験場”だ。

 アメリカ化粧品ブランド「クリニーク」の入り口に、3色のブレスレットが並んでいた。来店者が腕に着けることで、白=「急いでいます」、ピンク=「自由に見ています(声をかけないで)」、緑=「カウンセリング希望」と意思表示できる、日本唯一の売り場だ。ピンクを選ぶ人が6割を占めるという。

 「百貨店慣れしていない比較的若い世代では、『何かお探しですか』と声をかけると、スーッと帰られてしまう場面も少なくない。『見ているだけ』など、お客さまの状況や希望が一目でわかるので、スタッフにとってもありがたい」と吉田智絵チーフ。味気ない気もするが、「『ピンク』を着けてお試しいただいた方が、後日、カウンセリング希望の『緑』で再来店することもある。声をかけないことが、結果的に間口を広げているようです」。

 色とりどりの試用見本とともに、タブレット端末も設置。客が商品のバーコードをかざすと詳しい商品説明が表示されたり、化粧品口コミサイトにアクセスしたり。ネットで情報が簡単に収集できる現代、生身のコミュニケーションは必要ないと考える人も場面も増えたようだ。

 展開するクリニークラボラトリーズは、一昨年からカウンター越しに対面する従来の店づくりを見直し、自由に商品を試せる売り場に順次刷新中だ。日本国内149店舗中19店舗にまで増やしている。

 同じフロアで花王が展開する百貨店化粧品ブランド「エスト」の店舗はまるでカフェ。「トライコスメティクス エストカフェ」と銘打ち、テーブルに置かれた化粧品が自由に試せるスペースとなっている。椅子に腰掛けると、「何をお探しですか」ではなく、「お飲み物いかがでしょうか」。花王の特保飲料「ヘルシア」が無料でサービスされた。

 岩井里佐子ビューティーアドバイザーは「要望されない限り、こちらから説明することはありません。お客さま自身のペースで過ごし、そのまま帰られても結構です。一緒に座るカップルの男性も多いですよ」。

 気軽なカフェ風にした背景には、化粧品購入者の百貨店離れがある。富士経済「化粧品販売チャネル別市場」によると昨年は、ドラッグストアが前年比微増の6419億円に対して、百貨店は3分の1以下の1811億円で前年割れもしていた。

 「4年前のリーマン・ショック後、百貨店離れが顕著に。20代女性に聞くと、『コワイ』『決心がいる』など、百貨店のハードルは想像以上に高かった。商品には自信がありますので、1度使ってもらう場が必要なんです」とエストのマーケティング担当、大倉誠一さん。

 化粧品口コミサイトで大賞を受賞している化粧水(5250円)や炭酸泡のマッサージ、メークまで1時間ほどかけて試していた飲食店勤務で役者の糸井兎実さん(35)は「百貨店の化粧品売り場には何年も来ていなかったが、気持ちよく過ごせて、買いたい商品もいくつか見つかった。家が近所なので、化粧直しにも寄りたい」と満足げ。

 化粧品売り場に限らず、店員の使命とは売ること。とはいえ、押しの強い粘着質な接客に店から逃げ出した…なんて逆効果な話もよく聞く。あえて声をかけない接遇には悠然かつ堅実、「急がば回れ」という日本人的美学すら感じる。不況下のこんな時代だからこそ…。

「声をかけない接客」 新しい売り方模索中(産経新聞) - 注目の経済総合トピックス - livedoor ニュース
August32012

(Source: w-hiteorblack, via keebow)

July292012

10万足売れればヒットと言われる靴業界で、昨年、50万足を売り上げた高機能ビジネスシューズがある。チヨダの「ハイドロテックシリーズ」だ。「靴底に穴」で通気性を工夫した開発の裏側を、作家で五感生活研究所の山下柚実氏が報告する。

 * * *
 穴が開いている靴。でも、まちがいなく新品。そう聞いて、あなたはどんな靴を想像するだろう? 見かけは何の変哲もない革のビジネスシューズだ。ところが、ひっくり返せば息をのむ。底に通気口のような穴が7つも開いているのだ。

 商品説明には堂々とこうあった。「雨の日や濡れた場所での使用の際は、靴底から水が浸入する可能性があります」雨天には履けない、と宣言する靴。こんなのあり?

 10万足売れればヒットと言われる靴業界で、快適さを追求した高機能ビジネスシューズが人気を集めている。チヨダの「ハイドロテックシリーズ」は年間50万足(2011年)を売り上げた人気商品。その中でも、この夏の目玉商品が、節電需要に対応した『涼風爽快』だ。

 靴底に穴を開け通気性を持たせることに特化した、というこの商品、昨年数種類を市場に出したところ大評判に。それを受けて今年は大幅に種類を拡充し、ビジネスシューズ、カジュアル、サンダルのラインナップ計16種類が揃った。クールビズ商戦に向かって6万足の売り上げを見込んでいる、という。

 男の足は困りもの。一日にコップ一杯もの汗をかく。営業でもデスクワークでも、一日中、靴を履きっぱなし。それなのに女性の足もとと比べて、開口部がぐんと少ないからムレる。この季節には匂いも水虫も気になる……。

 こうした問題を解決するため、『涼風爽快』は靴底に穴を7つ、中敷きにも小さな穴を無数に開けた。ここから空気が出入りして、足のムレを解消してくれるらしい。

 中敷きをとりはずした状態で、もう一度、その不思議な靴底を観察してみよう。ビジネス用は7つの通気口のうち、4つは雪の結晶のような独特な八角形模様をしている。

「穴を開けることで通気性を高めつつ、強度が落ちないように配慮し、小石やゴミがはさまらないための独自の形状を追求して試行錯誤を繰り返しました」と同社マーケティング本部の竹島昌芳氏(40)。通気口をのぞき込むと、中に網戸のようなメッシュ構造が。インタビューをしている竹島さんの顔がむこうに透けて見えてびっくり。

 これならたしかに通気性はバツグンだけれど、雨では……。

「はい、私どもが店頭でいろいろとご説明するその前に、お客さまの方から『雨の日はとても履けないよねー』とおっしゃってくださいます。手にとれば、形状からダイレクトに商品特性が伝わる。だからむしろ、自信をもって『涼しさ』についてお話しできるというわけです」

 おまけに、傘マークに赤い斜線が引かれた「雨天使用不可」を表わすタグも付いていて、これがまた目立つのだ。「普通だと、デメリット表示をここまで大きくしないですよね」と竹島氏も苦笑い。

「でも、雨の日は濡れる、という欠点を真正面から表示することで、むしろよい結果が生まれました。あわせて、同じハイドロテックシリーズにある防水シューズをお勧めするチャンスができたのです。『雨対策に、もう一足いかがですか』と二足一緒にアピールできます」

 マイナスが生んだプラス。怪我の功名。瓢箪から駒。ビジネスシューズも、用途によって履き分ける時代が到来したのだ。

※SAPIO2012年8月1・8日号

年間50万足売れた高機能紳士靴 今年の目玉は節電で靴底に穴(NEWSポストセブン)
1AM
1AM
← Older entries Page 1 of 45